• ホーム
  • アレルギー検査って何歳から受けられるの?

アレルギー検査って何歳から受けられるの?

自分が何のアレルギーか知りたい場合はアレルギー検査を受けることが重要と言えます。検査を受けることにより、どのような物質がアレルゲンとなっているのかが分かります。検査の中でも特によく行われているのが血液検査です。血液検査では、血液を調べることによりアレルゲンを特定することが出来ます。血液検査は注射を行ってから1時間もかからないうちに、結果が出ることも多いです。花粉症のシーズンになると、どの花粉が原因でアレルギー反応が起こるか知るために血液検査を受ける方が増えます。そのため、花粉症のシーズン以外の時期に検査を受けた方が検査結果は早く出ます。血液検査を受けたとしても全てのアレルギーを調べられるわけではありません。耳鼻科などではアレルギーの項目を予め用意し、利用者の血液との反応を確認しています。つまり、用意された項目以外にアレルゲンがある場合は検出できない可能性があります。とはいえ、耳鼻科では一般的なアレルゲンについて項目を用意しているので、日常生活に影響のあるアレルゲンはほとんど確認できるといえるでしょう。血液検査は血液を少し抜くこと以外にリスクがなく、幅広い方が利用できます。

アレルギー検査の中には皮膚検査と呼ばれるものもあります。皮膚検査とは、微小なアレルゲンを皮膚に貼り付けて反応を調べる検査となっています。実際に肌からの反応を確認することが出来るので、皮膚炎などの反応が分かるメリットがあります。ただし、肌に反応させて調べる検査なので、場合によっては小さな皮膚炎を発生させてしまうことがあるので注意しておきましょう。

除去試験や負荷試験が行われることもあります。除去試験はアレルゲンと予想される物質を除去することによって、反応がなくなるかどうかを確認する試験です。一方、負荷試験はアレルゲンであると推測される物質をごくわずかに使用し、体に負荷を与えて反応をチェックする試験となっています。それらの結果を確認することで治療の内容が変わります。病院ではまずアレルゲンを特定することを重要としています。何故ならアレルゲンによって使用する薬も変わるからです。どの検査もそれほど時間はかからず準備もほとんどないので、病院で簡単に申し込むことが出来ます。検査結果はその後の食事などに影響を与える要素となっています。費用は3,000円から4,000円ほどであるケースが多いです。少ない費用で細かい分析をしてもらうことが出来ます。何科で受けられるのか心配な方もいるかもしれませんが、基本的には耳鼻科か内科で受けることが可能です。子供の場合は小児科で受けられる場合があります。何科が良いか分からない場合は相談してみましょう。子供の場合は皮膚検査が難しいケースもあります。