• ホーム
  • 小さい時に治ったはずのアレルギー、再発の可能性も

小さい時に治ったはずのアレルギー、再発の可能性も

アレルギー反応は基本的に免疫の過剰反応によるものなので、免疫が正常化することで治ることもあります。例えば卵アレルギーの方が少しずつ卵に慣れていき、卵を食べられるようになるケースは珍しくありません。年齢を重ねることにより、体に良くない反応が減ることもあります。しかし、一度治ったアレルギーがのちに再発することもあるので注意しておきましょう。アレルギーを持っている方はその原因物質に対しての許容量があります。この許容量を超えると反応が起こります。子供から大人になるにつれて許容量が増えていくので、少しであればアレルゲンに耐えられるようになります。その状態になった時にアレルギーが治ったと考える方もいます。しかし、許容量が多くなっただけであり、完治していない場合はその許容量を超えるほどアレルゲンを取り入れたときにアレルギー反応が発生します。これがアレルギー再発の大きな原因です。症状が完治していた場合であっても、再び同様に発症する可能性もあります。

アナフィラキシーショックに関しても、過去のアレルギー反応に関係するものあるので注意が必要です。たとえ体に悪い反応を初めて起こしたのが遥か昔のことであっても、その物質に対する抗体は残り続けます。その状態で大量のアレルゲンを摂取してしまうとアナフィラキシーショックが起こる可能性が高まります。じんましんなどについても同様のことが言えます。ただし、じんましんは子供のときと別の原因で発生することもあります。アトピーや喘息などと花粉症を併発していると、体への負担が増えます。そのため、アトピーや喘息を患っている場合はアレルゲンに対して一層注意が必要となります。食後などに異変が見られた場合はすぐに医師の診察を受けましょう。

アレルギーには再発するケースと、新しい症状が出るケースがあります。運動やバランスの良い食事をとることにより、再発のリスクを予防することが出来ます。免疫機能は腸内環境と密接な関係があります。腸内環境を整えることによって、花粉症などの症状が緩和したという方もいます。それゆえに腸内環境を整えることが重要といえるでしょう。アナフィラキシーショックが発生した場合も初期の対応次第では、問題なく治療できることがあります。いずれにしてもいつもと異なる症状が発生した場合は、早めの治療を受けることが大切です。運動や食後の過ごし方で予防の効果が変わることもあります。