• ホーム
  • 特定の季節に肌荒れしてませんか?花粉皮膚炎かも

特定の季節に肌荒れしてませんか?花粉皮膚炎かも

鼻をかんでいる女性

花粉症の症状といえば鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどがよく挙げられますが実は皮膚炎を起こすケースもあります。花粉症による皮膚炎は花粉皮膚炎と呼ばれており、花粉が皮膚に付着し、そこにアレルギー反応を起こすことによって起こります。見た目が通常の皮膚炎とあまり変わらないので花粉皮膚炎になっていることに対し、気づかないという方も多いです。花粉がよく飛ぶ季節に限って皮膚炎をよく起こしているという方は注意が必要です。まぶたに花粉皮膚炎が起こると目を開けづらくなります。まぶたがかゆくなることにより、皮膚の炎症がさらに悪化してしまう可能性があります。花粉皮膚炎の治し方はそれほど難しくありません。抗炎症成分を含む薬を使用することが重要となります。ただし、この治し方は出来てしまった皮膚炎を治すものであり、花粉症による症状を根治させるものではありません。長期的な治療で確実に治していきたいと考えているのであれば、まずは皮膚科の診断を受けることが重要となっています。また、皮膚科の処方箋によって適切な治療薬を手に入れられる点もメリットとなります。

花粉皮膚炎は一度発症すると完全に治るまで時間がかかります。そこで予防をしておくことが重要となります。花粉皮膚炎への予防策としては、保湿が有効です。保湿を行っておくことにより、ターンオーバーが正常化され皮膚炎が起こりにくくなります。そのためには化粧水などを使用することが重要といえるでしょう。グリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分が配合されている化粧水であれば、一層大きな効果を生み出すことが出来ます。手などの場合はハンドクリームを使用することが有効です。

露出している部分には花粉が付きやすいので、花粉皮膚炎が発生しやすいといえるでしょう。顔や手は特に発生しやすい場所となっています。手洗いや洗顔を行うことも予防策の1つになります。ただし、それらを行いすぎてしまうと衣服から露出していることも相まって、手や顔の潤いを失ってしまう恐れがあります。手を洗いすぎて皮膚炎になってしまっては本末転倒です。石鹸などを使いすぎるのではなく、ぬるま湯などで優しく洗うことも重要となっています。花粉皮膚炎は他の花粉症の症状と同じく、花粉に対する身体の反応が原因で起こります。室内に花粉が飛んでいる場合は、室内にいる方も発症する可能性があります。発祥の際には他の原因なのか、花粉によるものなのかを知ることが重要といえるでしょう。